Q&A|格安レンタカー・激安レンタカーよりも、地球にもやさしいCaFoRe「カフォレ」

Q&A

落札について

仮課金とは、どういうことですか?

仮課金とは、カード発行会社が消費者の信用に基づいて定める購入限度額(与信枠)の一部を押さえることです。
CaFoReでは、落札ボタンを押した段階で、与信枠のうち落札代金分を、
CaFoRe利用用として一時的に予約します。これを「仮課金」と呼んでいます。

例えば、30万円の与信枠のクレジットカードを使用し、
CaFoReで1万円分の出品を落札した場合は、
1万円はCaFoRe用として予約(仮課金)され、与信枠は29万円となります。

仮課金の時点ではまだカード決済されていないため、
カード会社から代金が請求されることはありません。

クルマの貸し借りが終了し、CaFoRe上で「取引報告」をすると同時に、
仮課金していた部分が本決済されます。
本決済になった日がクレジットカード利用日となり、
お使いのカードの締め日に基づいて利用代金支払請求があります。

ボロワー(借り手)は、取引を行ってから、「取引通知」をすることで本決済をするため、
出品されていたクルマの貸し出し情報と実際の内容が異なっていた場合、課金されません。
詐欺などのトラブルを避けることもできます。

レンダー(貸し手)は、クレジットカードの与信枠を事前に仮押さえできるため、
出品していたクルマの貸し出し情報や約束をきちんと守れば、
必ずお金が支払われるという安心感を持ってやり取りができます。

"与信枠の仮押さえ"という仕組みを活用したことで、
代金の持ち逃げ、詐欺、出品していたクルマの貸し出し情報と異なる条件を提示されるなどの
トラブルを回避して、ボロワー(借り手)もレンダー(貸し手)も安心して利用できる決済システムとなっています。

Q&Aトップへ

カテゴリー一覧トップへ

ここでも解決しない場合は、「お問い合わせ窓口」へ